読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhoneの無線LAN端末としての日本国内使用

いろいろなところで指摘されているが、iPhoneは無線端末機器としての国内認定を受けていない。

日本国内において無線機器を利用するには、電波法および電気通信事業法で定める基準を満たしていることを証明するために、以下の認定機関における認定を受ける必要がある。

通常認定を受けたデバイスはバッテリケースの裏などに、[T]とか[R]でマークされた認定番号がつけられる。[T]がTELECの認定番号で、[R]がJATEの認定番号だ。

認定を受けていない機器を利用することは当然違法である。一説には個人には罰則がないのではないかという話もあるが、どうもそんなことは無さそうである。以下のWebページにも「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」と物騒なことが書かれている。

したがって、iPhoneを日本国内で合法的に無線LAN端末として使用するためには、自分で認定をとるか、電波暗室で使うかする必要があるので注意されたい。無線LANだけでなく、EDGEを使った携帯電話部分も無線を使うことになるので、電波暗室から出るときには、Airplaneモード*1にするのが良いだろう。

なお、本件について、私は専門家ではないので、コメント欄などで質問されても答えられない。一切ノーコメントとさせていただく。その点はご了承願いたい。もちろん違法での利用を勧めるつもりはまったくない。

*1:無線をすべてオフにするモード