読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Gmailのクイックリンクでメールをさばく

ライフハック ネット技術

知り合いに教えたら喜ばれたので、ここでも共有。みんな使っていると思ってた。

多くのメーリングリストに登録していたりすると、自分宛てだけのメールを読みたいこととかもある。また、24時間以内に送られたメールの中から目的のメールを拾いたいこともある。

Gmailは検索機能があるので、検索オプションを使えば、これらは可能なのだが、毎回同じように検索オプションを開くのも面倒だ。

そんなときはGmailのクイックリンクと組み合わせて使うと良い。

設定などについては、2011年のライフハッカーの記事で紹介されているので、そちらの記事を読んでもらうのが良い。

「検索オプション」と「クイックリンク」を活用してGmailのメール検索をより快適にする方法 : ライフハッカー[日本版]

ざっくり言うと、以下の通り。

  • Gmailの設定*1から、「Labs」に行き、そこから「クイック リンク」を有効にする*2
  • 画面がリロードされ、左メニューに「クイック リンク」が表示されているのを確認する*3
  • 次に説明するようにして目的のメールを検索し、その画面の状態で「クイック リンクを追加する」をクリック。適当にタイトルを付けて保存する。
  • 次回からは、作成したクイックリンクから、同じ検索結果にたどり着ける。

う〜ん、ざっくりし過ぎだろう。やっぱりライフハッカーの記事を読んで欲しい。

ポイントとなる検索だが、私は以下のような検索を使っている。

自分宛ての未読メール

未読メールの表示はGmailで自動的に分類してくれるが、メーリングリストに大量に入っていると、その中に自分個人宛てのメールが埋もれてしまうことがある。そんな場合は次のようにして検索すると良い*4

is:unread to:me

「me」と指定すると、自分のことになるのだが、たまに「me@example.com」みたいな人がいたりするので、それらを確実に除外したい場合には、ちゃんとメールアドレスを指定したほうが良い。

is:unread to:xxx@example.com

1日以内に自分宛てに送られたメール

to:me newer_than:1d

このようにすることで、未読、既読関係なく、1日以内に自分宛てに送信されたメールが一覧表示される。未読にしたい場合は「is:unread」、既読にしたい場合は「is:read」を追加すると良い。

特定の人からのメール

from:xxx@example.com

これはフィルターを作成して、ラベルを付けても良いだろうし、自分で検索ボックスに毎回タイプしてもそれほど手間では無い。実際、私はクイックリンクにはしていない。

 

他にもGmailの詳細検索を組み合わせることで結構凝ったクイックリンクが作成できる。フィルターで自動的にラベルを付けるのと使い分けると良いだろう。

詳細検索 - Gmail ヘルプ

*1:歯車のアイコンから辿れる

*2:画面下の「変更を保存」を忘れずに

*3:無い場合は、下の「…」をクリックすると良い

*4:検索ボックスにこのように書く