読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写真が語るUXとUIの違い

IT技術

Windows XPのXPがeXPerienceだったことを覚えている人がどのくらいいるかわからないが、正直、最初にユーザーエクスペリエンスと聞いたときに、どのように日本に定着させようかと悩んだ。略語を開くことなどあまり無いので、製品名などは大して心配はしなかったのだが、確か何かの設定画面かにも、Experienceというタブ名か何かがあり、どのように訳すか頭を痛めたように記憶する。

それから数年、すっかりUX、すなわちユーザーエクスペリエンスという言葉が定着したように思う。それでも、今でもUXとUIを混同する場面に出くわすことがある。

すでに様々なところで説明はされているが、敢えて、ここでもUXとUIの違いを説明しよう。

UX(ユーザーエクスペリエンス)は、製品やサービスに対して、ユーザーがどのように感じ、そして反応するかのことである。実は、UXは2010年にISO 9241-210という国際規格の中で正式に定義もされている。ISO 9241-210は"Ergonomics of human-system interaction -- Part 210: Human-centred design for interactive systems"という規格であり、この中で、"a person's perceptions and responses that result from the use or anticipated use of a product, system or service"と定義されている。

* 参照:「人机交互論 - HCDの新・国際規格:ISO 9241-210」

一方、UI(ユーザーインターフェイス)とは、Interefaceという英語が示すように、製品やサービスと人間との橋渡しをするデザインのことを示す。ソフトウェア製品の場合には、まさにユーザーが目にする画面のことと考えて良い。

UXはUXのハニカム構造という図でも知られているように、役に立つか(Useful)、使いやすいか(Usable)、望ましいか(Desirable)、価値があるか(Valuable)、見つけやすいか(Findable)、アクセスしやすいか(Accessible)、信頼できるか(Credible)などにより構成される。

Semantic Studios - User Experience Design

前置きが長くなった。このような、UXとUIの違いをビジュアルに示した写真を見つけたので、紹介したい。

Design.org - The Difference Between UX and UI: Subtleties Explained in Cerealから。

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針

インタフェースデザインの心理学 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針