読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もしGmailがマイクロソフトによってデザインされていたら

Google Blogscopedから、What If Gmail Had Been Designed by Microsoft? と題するポスト。もしマイクロソフトGmailをデザインしていたらどんなウェブメールになったかというもの。なかなか面白い。ちょっと辛辣だが。

以前、YouTubeにアップロードされているiPodのパッケージデザインをマイクロソフトが行ったらという動画が話題になったが、それと似た話。

スクリーンショットを見るのが一番わかりやすいと思うので、是非見てみて欲しいが、ざっくりと書かれていることをまとめると:

First of all, we need to rebrand the application name to something longer. Let’s call this Windows Live Gmail, and add some of the visual elements connected with Windows. Also, as in Hotmail, there needs to be less space for the email subjects to make place for a reading pane, which is full of verbose explanatory help text

まず、アプリケーション名をもっと長いものにする。Windows Live Gmailにして、さらにWindowsとの関連がわかるように、ビジュアル要素(ロゴ)を加える。また、Hotmailのように、メールを読むためのペインを作るために、メールの件名のスペースを少なくする。

For another design iteration in our inbox, we will need to camouflage the checkboxes next to the messages by putting a mail icon on top of them. Also, we need to break up messages from conversation threads into their individual parts. Furthermore, this version of Gmail needs to change from context-aware text ads to context-unaware graphic banners, which we’ll require to carry at least one clip art. Gmail currently has a chat box which I don’t use and thus find annoying, so I think we can build on that and expand it to a more full-featured chat widget, replacing the labels box. We’ll also adjust the spam filter slightly to show a couple of more bulk mails in the inbox

メッセージの横にあるチェックボックスにメールアイコンをかぶせる。さらに、メッセージのスレッドを分割し独立したパーツとする。その上、コンテキスト(文脈)ベースのテキスト広告からコンテキストとは無関係のグラフィックバナーに変える。Gmailのチャットボックスは使っていないし、邪魔くさいので、フル機能を装備したチャットウィジェットに変更し、ラベルボックスを置き換える。スパムフィルターを調整し、いくつかのバルクメールを受信トレイ(INBOX)に見せるようにする。

There’s still not enough banner space available though, so let’s add a top row for ads and move the rest a bit more down. Also, to go back to the real Microsoft spirit, the inbox will now carry a maximum of 2 MB of messages – that was the amount Hotmail offered when Gmail was released with 1 GB in April 2004. Also, Microsoft-style, the actual start page of this service will not be the inbox, but a “welcome” splash screen. Please imagine the ads blinking at this point:

これでもまだバナースペースがあまっているので、ページのトップに広告を追加し、そのほか全体を下に少し移動する。さらに、本来のマイクロソフト精神に戻るために、受信トレイは2MBを最大とする - これは2004年の4月にGmailが1GBでリリースされたとき当時のHotmailが提供していたものだ。また、マイクロソフトスタイルとして、実際のこのサービスのスタートページは受信トレイであるべきではない。代わりに「ようこそ(ウェルカム)」スプラッシュスクリーンとする。広告がこのときに点滅していることを想像して欲しい。

Somehow, this still misses part of the Microsoft feeling – the current design is just too bright & light, and it doesn’t have enough glamor. I’ll darken the colors a bit and add some smooth shades. Also, admittedly, Hotmail is a bit slower than Google’s competing service, so we’ll add some “loading” messages. Usually there’s less focus on unclutteredness with the Redmond guys, so we’ll add some MSN news bits and “special offers” where space is left. Plus, to increase user lock-in, let’s get rid of the “sign out” link. I’m also putting less emphasis on search, moving the box to the bottom right and replacing it with a dog

なぜだか、これではまだマイクロソフトフィーリングのためのパーツが不足しているようだ - 現在のデザインは明るくかつ薄すぎて(too bright & light)、十分な魅力に欠ける。色を少し暗くして、少しスムーズな影を加えた。さらに、HotmailGoogleが提供する競合するサービスに比べて、やや遅いことは認めざるを得ないので、「読み込み中("loading")」メッセージを加えることにする。MSNニュースを少し加えて、「特別提供("special offers")」も加えよう。ユーザーを囲い込む(ロックインする)ために、ログアウト("sign out")リンクを削除する。検索はあまり強調しないようにするために、検索ボックスを右下に移動し、それを犬に置き換える。

ちょっと馬鹿にしすな気もするが、実は結構示唆に富んだ内容。

マイクロソフトが槍玉にあがっているが、それに限らず、ウェブアプリケーションのインターフェイスを考える上で、Do/Don'tのヒントになると思う。

是非、オリジナルのブログにあるスクリーンショットと一緒に読まれることをお勧めする。

[追記: 10:45 on 11/24]http://akihitok.typepad.jp/blog/2007/11/gmail_5bca.html にすでに紹介されていた orz... せっかく訳したので、このままにしておく。