読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての人が寄り添いあえる社会

「5.1chって言ってね、6個のスピーカーを配置することで、サラウンドが実現できるんだよ」

「サラウンドって?」

意外に物を知らない彼女にホームシアターを説明しているときだった。

「普通のステレオじゃなくて、前後などからも音が」とここまで話しかけて、彼は口をつぐんだ。

そうだ、彼女はモノラルの世界に生きているんだった。

 

1年ほど前に彼女は突発性難聴*1を発症し、右耳の聴力を失っていた。

正確には完全に聞こえないわけではない。ただ、一般人の声の周波数帯域と言われている500Hz以上の周波数の音声はかなりの音量でないと聴くことが出来ない。そのため、右から声をかけられても気づかない。

彼女が片耳の聴力を失ってから、彼は彼女との位置を気にするようになった。できるだけ彼女の左側にいるようになった。

彼女抜きで、友人と酒を飲んでいるときなどでも、彼は気になってしまうときがある。ビアホールや若者が多い居酒屋などで飲んでいるときだ。これだけ騒がしいと、たとえ左からであっても、彼女は会話が聞き取れないだろう。そう思い始めると、酒も進まなくなる。 

技術ができること

彼女のような人に技術は何ができるだろう。

普通の補聴器はたいがいの場合、無力だ。聴力を失った耳に役立つ補聴器は無い。

聴こえなくなった耳側に届いた音を、正常な聴力を持つもう片方の耳に飛ばすクロス補聴器というものがある。これなどは突発性難聴で聴力を失った人に使われているようだが、先ほどの例のような、うるさい場所での会話などではあまり使えないため、これも万能ではない。

未踏プロジェクトでOntenna(オンテナ)が紹介されたときは、これだ!と思った。ヘアピンのように髪に着けることで、髪で音を感じるというデバイスだ。今は富士通で開発が進められているようだ*2が、是非とも早期の製品化を期待したい。

ontenna.jp

クロス補聴器のような聴力補助器もOntennaのような音を感じるデバイスも、障がいを持った側が努力をするものだ。このようなアプローチが王道だとは思うが、他に方法は無いだろうか。

歩み寄る技術

ユニバーサル・サウンドデザインという会社がある。ここから出されているcomuoon(コミューン)は聴力の障がいを持つ人に声を届けるためのコミュニケーションデバイスだ。いわゆるマイクとスピーカーなのだが、聴力に障がいを持つ人に話しかける側が聴こえの改善に歩み寄るためのデバイスだ。 

u-s-d.co.jp

人はそれぞれいろいろな特徴を持つ。この特徴は、性格であったり、癖であったりするのだが、身体の特徴としての「でこぼこ」の「ぼこ」になったところが障がいとして社会生活を不自由にさせるものとなる。多くの障がいは特徴などと言うほど甘いものではないのは事実だ。だが、障がいというのは、一部の人だけが抱える特別な事情ではないということだ。年齢とともに誰もがなんらかの障がいを持つようになるが、それだけではない。

彼女だってそうだ。

朝起きたら、なんか右耳が聴こえにくかっただけだった。水でも詰まったかと思い、スマホで「耳 水抜き」とかで検索していただけだったのだが、めまいがひどくなり、病院へ。その日から生活が一変した。誰にいつ起きることかわからない。突発性難聴にかかったら、3分の1の可能性で聴力は快復しない。

すべての人がすべての人に歩み寄れる、寄り添えるような社会こそが必要とされているのではないだろうか。

&HANDとスマート・マタニティマーク

先日、優勝賞金が1,000万円ということでも話題になったLINE BOT AWARDSの審査員を務めた。すべての作品は素晴らしく、どのチームがグランプリに相応しいか悩むほどだった。24組もあったので、正直最後のほうはかなり疲れてしまっていた。しかし、最後の24組目となる&HANDのプレゼンを見たときに、疲れは吹っ飛び、このチームにグランプリをあげたいと、審査員としての自分の意思は固まった。

&HANDは、手助けを必要とする人が持ち歩くLINEビーコンを発するデバイスとLINEボットから構成される。手助けを必要とする人が、支援が必要となったときに、そのデバイスをオンにすると、ビーコンが届く範囲にいるサポーターのLINEにボット経由で通知が届き、サポーターからの支援を受けることができる。

プレゼンテーションで例として話されていたのが、聴覚障がい者が電車の遅延に遭遇したときの例だ。車内のアナウンスが聞き取れなかったときなど、デバイスをオンにすることで、周りのサポーターにアナウンス内容を確認することなどができる。

私がグランプリに相応しいと思ったのは、一般的には特定の場所に固定設置されることが多いビーコンを移動体である人に持たせるという発想がユニークであったことと、なによりも私が考える障がい者に人が寄り添うという考えと同じだったことに感動したからだった。

internet.watch.impress.co.jp

geechs-magazine.com

後日知ったのだが、このチームはAndroid Experiments OBJECTでグランプリを取ったスマート・マタニティマークを開発したのと同じチームだ。

www.android.com

こちらは障がい者ではなく、妊婦向け。アイデアは同じだ。妊婦がデバイスを持ち歩くことで、近くにいる人は支援を必要とするかもしれない妊婦が近くにいることを知ることができる。LINEビーコンを使うかどうかの違いはあるが、こちらも寄り添う気持ちを大事にしたものだ。

まさに、すべての人にはいろいろな「でこぼこ」という特徴があり、たまたま「ぼこ」になった人が周りに寄り添ってもらうことができればという考えだ。

つい先日も同じような体験をした。私は吊革に捕まっていたのだが、前に座っていた女性がすぐ近くに席を探している高齢者がいることに気づかなかったのだ。少し遠いところから、席を譲った人がいて、初めて彼女は近くに支援を求める人がいることに気づいたのだ。

日本では、車内で座っている人の大半は寝ているか、スマホを覗き込んでいる。どちらも、周りは見えていない。悪意無く、支援を必要とする人を無視してしまうことになる。

&HANDやスマート・マタニティマークは、悪意無い人を善意の人に変える、そんなきっかけを作るものだ。

すべての人が、「でこぼこ」の「ぼこ」を支え合え、寄り添い合うようになれば、社会はより優しく、そして強くなる。

技術で何ができるか考えていたが、1つの答えがここにあるように思う。

今後、実際に使われるようになるまで、まだまだ課題は多いと思うが、応援していきたい。

*1:突発性難聴の原因は不明であり、治療しても完治するのは約3分の1程度と言われる。残りの3分の1は後遺症が残り、さらにその他の3分の1はまったく快復しない。発症後48時間(遅くても1週間)以内にステロイド投与を行うことが唯一の確立された治療法で、それで効果がなかった場合には高酸素療法などの治療を試すことになる。

*2:「ろう者に音を届けたい」(前編) 髪の毛で音を感じる全く新しいデバイス「Ontenna」 : FUJITSU JOURNAL(富士通ジャーナル)